大本般若心経

現在作成中です。

大本般若心経ー渡辺校訂本

オーン 尊い「聖なる智慧の完成」に帰命したてまつる。

このように私は聞きました。
あるとき、世尊は
ラージャグリハ(王舎城)のグリドゥラクータ(鷲峰)山に、
比丘の大僧団と菩薩の大僧団とともに滞在しておられた。

そのとき、また、世尊は、
「深遠な光輝」という名の法門を説かれて、
三昧に入られた。

そのとき、菩薩にして偉大なる人である聖なる観自在は、
深遠な智慧の完成の行を実践しつつ、
次のように見通された。
「{存在するものの}五つの構成要素、それらはもともと空である」と見られた。

そこで実に、シャーリプトラ(舎利子)長老は
仏の力を受けて、菩薩にして偉大な人である聖なる観自在に
次のように言った。

「ある誰か立派な家柄の男子(善男子)や立派な家柄の女子(善女人)で、
この深遠な智慧の完成の行を実践したいと願ったとき、
その場合、どのように学んだらよいのでしょうか」と。
このように述べたとき、
菩薩にして偉大なる人である聖なる観自在は、
シャーリプトラ長老に次のように言われた。

「シャーリプトラよ、ある誰か立派な家柄の男子や立派な家柄の女子で、
この深遠な智慧の完成の行を実践したいと願ったとき、
次のように見通すべきなのです。

”{存在するものの}五つの構成要素(五蘊)があり、そして、それら(五蘊)は
もともと空であると{聖なる観自在は}見た” と。
実にシャーリプトラよ、かたちあるもの(色)は空の性質を持つもの(空性)であり、
空の性質を持つものこそが、まさにかたちあるものなのである。

かたちあるものと空の性質は別ではなく、
空の性質とかたちあるものは別ではない。
およそカタチあるもの、それが空の性質をもつものであり、
空の性質をもつもの、それがかたちあるものなのである。
感受作用(受)・表象作用(想)・意志作用(行)・認識作用(識)も、これとまったく同じなのである。

実にシャーリプトラよ、すべてのものは空であり、特質がなく、
{それらは}生じたものではなく、滅したものでもない。汚れがなく、汚れを離れたものでもない。
不足したものではなく、充足したものでもない。
その故に、シャーリプトラよ、空においては、かたちあるものはなく、
感受作用はなく、表象作用はなく、意志作用はなく、
認識作用もない。
眼、耳、鼻、舌、身、心はない。
色形、音声、香り、味、触れられるもの、心の対象もない。
眼の領域から、乃至は、意識の領域もない。
明知はなく、無明はなく、明知が尽きることもなく、無明が尽きることもなく、
乃至は、老いも死もなく、老いと死の尽きることもない。
苦悩と、{苦悩の}生起と、{苦悩の生起の}抑制と、{苦悩の生起を抑制する}道はない。
{その実践を}知ることがなく、{それを}得ることはなく、得ないこともない。

それ故に、シャーリプトラよ、諸菩薩は{涅槃を}得ることがないから、
智慧の完成に依拠して、住し、心を覆うものがない。
心を覆うものがないから、怖れがなく、
顛倒を超越していて、涅槃に入っている。
三世におられる一切の諸物は、
智慧の完成に依拠して、この上ない
正しい悟りを現等覚された

それゆえに{シャーリプトラよ、あなたは}知るべきである。
”智慧の完成は、大いなる真言であり、
大いなる明知の真言であり、無上の真言であり、比べるものなき真言であり、
すべての苦しみを鎮める真言であり、偽りがないから真実であると”と。

智慧の完成の中で、真言が{次のように}説かれた。
すあんわち、オーン 行けるものよ、行けるものよ、彼岸に行けるものよ。彼岸に完全に行けるものよ。
悟りよ、幸あれ。”
シャーリプトラよ、菩薩はこのように深遠な智慧の完成という実践を学ばなければならないのです。」と。

そのとき、世尊はその三昧から立ち上がって、菩薩にして偉大なる人である聖なる観自在に{次のように}
賛意を表された。
「善いかな、善いかな、善男子よ。まさにその通りである。善男子よ、まさにその通りである。
あなたが説いたように、深遠な智慧の完成の中で実践を行うべきなのである。
すべての如来・阿羅漢も随喜されるであろう」
このことを世尊は説かれたのである。
長老シャーリプトラ、菩薩にして偉大なる人である聖なる観自在、
それらの比丘、
およびそれらの菩薩・摩訶薩たち、
その会座の者すべてと、
神々、人間、アスラ、ガルダ、ガンダルヴァ楽神を含む世間は喜悦し、
世尊によって説かれた{この教えに}大いに歓喜した。以上。

「聖なる般若波羅蜜の核心{のお経}が終わる。

Comments are closed.