施設の概要

施設の概要

中心施設である草堂は、明治30年に建てられた伝統的な茅葺き民家を創造的に改築し、禪堂として再生したもの。豪雪によって曲げられた天然杉の太い梁と、檜の五寸柱に支えられた合掌構造の屋根を持つ三層の建物です。
禪堂部分はおよそ32畳の板張り。大きな囲炉裏、高い天井には龍のような梁が交錯し、土壁と無双窓に囲まれた落ち着いた空間です。
草堂の北側と東側の川に面して菜園があり、裏の山側には小さな庫裡、風呂、雪隠があります。
裏の山すそに沿って小川と小道があり、カタクリやヒメザゼンソウ群落のある水源の谷へとつづきます。
現在新禅堂の建設準備中。朽木学道舎は学道舎の趣旨と活動を理解し支援してくださる有縁の篤志の方々や参禅者の自発的寄進DONATIONによっても支えられている坐禅堂です。

This entry was posted in 雑記. Bookmark the permalink.

Comments are closed.